最新情報

航空・鉄道輸送 航空旅行者の搭乗

健康に関するすべての要件は引き続き有効です。カナダ発着便およびカナダ国内線での健康状態やマスク着用に関する質問が含まれます。すべての乗客は、食事、飲酒、または経口で薬を服用している短い時間帯を除き, 旅行中はマスクを着用する必要があります。年齢12歳+4ヶ月以上

予防接種の証明の提示は、連邦政府の要求に応じて、カナダ国内または海外の列車、飛行機、クルーズ船による国内旅行に引き続き必須です。
  • カナダ政府によって承認されたワクチンの完全な2回予防接種を済であること
  • 旅行中はいつでも予防接種の公式証明を印刷し提示する準備をしてください。

    ご出発日の少なくとも14暦日前までに2回目の接種済の証明

    COVID-19の徴候や症状がない

    マスクの着用などの公衆衛生上のアドバイスに従う

    ケべック州内は5月14日22年より屋内施設でのマスク着用義務が解除

    混雑を緩和するため、少人数で入店やレジの前などに利用客が並ぶ際は床に目印を付ける、会計を終えたあとに袋詰めをする台を追加などお店内の衛生対策デザインルールをご確認ください。少人数で入店や衛生対策ルールに準拠し営業中です。

    2022年5月14日以降、ケベック州内の観光名所はでは予防接種パスポートは不要になりました。VaxiCodeアプリでワクチン接種の証明をデジタル形式で保管は印刷コピーを所持する依然として有効です。

    VIA Canada

    VIA鉄道の列車で旅行する12歳4ヶ月以上の乗客は、列車の出発日の少なくとも14日前に最終用量を接種済であること、 予防接種証明書の証明を所持する。

    高速バス/オルレアンエキスプレス

    10歳以上の乗客全員、マスク着用か顔の覆いを着用引き続き必須です。 バス車内のお手洗いはできるだけご利用を避けてください。ご乗車前にお済ませください。

    地下鉄 市営バス 公衆衛生ガイドラインに従って、10歳以上の乗客全員、マスク着用は必須で、各車両(バス、電車、パラトランジット、共有タクシーなど)に引き続き必須です。また、2歳から9歳までのお子様にも強くお勧めします。ただし、2歳未満のお子様は対象外

    10歳以上の旅行者は、公共交通機関を含む各屋内や公共施設で、マスク着用の義務があります。

    訪問予定の名所は前日までに閉館や時間帯など要予約の可能性もあるのでご確認ください。

    ケベック旅行の再開!あなたに最適な季節

    ケベック市は四季折々の気候のリズムに合わせさまざまなアクティビティを提供しています。観光が開始の4月から5月月中旬から6月初旬は新芽から新緑の清々しい時期です。屋外祭事の多い7月、8月、9月は地元の人のリズムに合わせ楽しめます。冬季の遠山雪は冬季スポーツが盛んで、充実の施設が近郊に点在している。白銀のオールドケベックは魔法のように幻想的な時期です。

    ジャルダン・デ・アート(オルレアン島サンローラン村)

    花畑の真ん中にある大きな修復された建物で、このギャラリーは2つのレベルで最大の芸術作品コレクションを提示。10-17時営業、地域のアーティストは、絵画、彫刻、陶器、ジュエリー、伝統美術、現代美術を展示しています。
    6962 Royal Rd., Saint-Laurent-de-l'Île-d'Orléans, ケベック州, カナダ, G0A 3Z0
    http://tourisme.iledorleans.com/membre/le-jardin-des-arts/

    サンローラン.アート.センター(オルレアン島サンローラン村)

    サンローラン古い納屋の牧歌的なキャラリー6月上旬から。さまざまな媒体、油絵、アクリル、水彩画、彫刻をフィーチャーしたアートギャラリー。店内は、製織、編み物、縫製、石鹸、ジュエリー、フュージョンガラスなど、地元の職人による独占的な作品を展示。
    6804, ch. Royal, Saint-Laurent-de-l'Île-d'Orléans, Quebec, Canada, G0A 3Z0br
    http://centredartstlaurent.wixsite.com/centredartstlaurent

    La maisonnette de l'île(オルレアン島サンジャン村)

    お土産屋さんとカフェ休憩場。パニーニ、島のアップルパイ。島で必見のこの魅力的なお店では、美しく独創的でカラフルな発見をすることができます。
    木彫り、ジュエリー、帽子、お土産のTシャツなど、様々な作品があります。
    2022年5月15日 - 10月15日 5403, ch. Royal, Saint-Jean-de-l'Île-d'Orléans, Quebec, Canada, G0A 3W0

    Galerie d'art St-Aubin Marion(郊外chateau-Richer)

    地元画家イヴォン・サン・オービンとルイーズ・マリオンのカラフルな絵画を展示しています。ギャラリー内この地域の絵画や、地図、カップ、カレンダー、アートブック、ギフトバッグ、リトグラフなど、アートから派生したいくつかの製品を販売しています。 8361, ave. Royale, Château-Richer, Québec, Canada, G0A 1N0 http://www.yvonstaubin.com/fr/galerie-art-st-aubin-marion.htm

    釣り祭り

    (5月、6月) www.pecheenville.org

    サンジャン通りアート祝典

    (6月上旬) quartiersjb.com

    ツール・ド・ボース、ステージケベック(自転車レース)

    www.tourdebeauce.com

    国際モザイク園芸博覧会

    期間2022年6月24日から10月10日まで、ボワ.ド.クロン公園 Parc du Bois-de- Coulonge 600万本の花と植物が語る物語を発見しよう この展覧会のために選ばれたスローガンを「昔々...地球」というテーマで https://www.mosaiculture.ca/fr

    カナダデー

    7月1日金曜

    ケベックシティサマーフェスティバル

    www.feq.ca/en

    ケベック市創立記念日

    (7月3日) www.ville.quebec.qc.ca

    POW WOW 伝統的な先住民族の踊りを発見する絶好の機会です。コンペティション、ワークショップ、伝統的な手工芸品のデモンストレーション、本格的なネイティブフード、音楽エンターテイメント。 2022年7月1日~3日 毎日 - 終日 https://tourismewendake.ca/en/pow-wow/

    ロト・ケベック国際花火大会

    夜のテーマを衣装のインスピレーションとして使用し、パイロミュージカルのパフォーマンスがケベック市とレビ市の間のセントローレンス川の夜空に咲き乱れるを花火大会。毎晩異なるテーマを持ち、埠頭で開催。 ( 7月、8月) lesgrandsfeux.com/en

    サント.アンヌ.ポープレ大聖堂

    7月17日から7月26日までノベナと聖アンナの餐宴。 サント.アンヌ.ポープレの聖域は北米で最古の巡礼地です。 サント・アンヌ・ド・ボープレ聖域で起こった病気が治った奇跡の物語。大聖堂の絵画、モザイク、ステンドグラスの窓、石と木彫りは、聖域の並外れた歴史と人々の信仰において果たし続けている役割を美しく明示しています。

    大聖堂の礼拝時間 日曜日 午前8時~午後5時30分 月曜日から金曜日 午前9時~午後4時 土曜日 午前9時~午後5時 418-827-3781

    無原罪の懐胎の礼拝堂 土曜日と日曜日は営業 午前10時~午後4時 修道院のレセプション 土曜日と日曜日 午前9時.m~午後4時.m 修道院は閉鎖されていますが、誰かが電話に出ます。 月曜日から金曜日 午前9時.m~午後4時.m 418-827-3781

    月曜日から金曜日 午前8時.m午後4時.m 事務局は、電話で418-827-3782 内線 2700

    プレンアート(屋外アートクラフト即売会)

    2022年8月2日(火)11:00~18:00から8月14日

    https://www.metiersdart.ca/evenements/paq-2022---plein-art-quebec-du-2-au-14-aout-2022--238

    ヌーベルフランスフェスティバル

    2022年8月4から8月7日までケべック旧市街ヌーベルフランスフェスティバル期間中は17世紀と18世紀、 ケベックの初期の時代とその新フランスの伝承文化を展示案内と参加し楽しめます。食べ物、歴史、そして時代物の当時の衣装でコスプレを堪能

    nouvellefrance.qc.ca/en

    ケベックシティのボルドーワインフェスティバル

    最高のボルドレーブドウとケベック州最高級のテロワール料理をお届けします。この魅力的なプログラムには、知識と情熱の成果を共有したいと熱望している何十人ものボルドーワインメーカーがいます。

    8月22日から8月25日22年 https://www.bfvq.ca/Programmation/Horaire#/schedule/byVenue

    ケベックシティケルトフェスティバル

    (9月上旬) www.festivalceltique.com

    お笑い祭!(コメディフェスティバル)

    8月ケベック州とフランスのコメディアンを聴きたい人にとって、ガラパフォーマンスに参加したり、スケッチショーでそれを抱きしめたり、コメディコンテストを見たり、フェスティバルの特別ゲストによる最高のギャグ。

    www.comediha.com

    ベリリウム - 国際マウンテンバイクフェスティバルとワールドカップ マウンテンバイクのトップライダーがモンサントアンヌの山を駆け下りて行くのを見学できます。ベリリウム.アスリートのスキルを試すスリリングな大会です。彼らがトレイルに取り組むのを見るだけで、アドレナリンラッシュを与えるのに十分です!(8月~9月) www.velirium.com/en

    ロマンチックなホテルで夜を過ごす。

    ケベック旧市街で見つかる印象的な世界クラスのホテル、 トリップアドバイザーの旅行者の選択によると、2020年にカナダで愛好家に最適なホテルのトップ25に、いくつかの施設も含まれています。

    1. オーベルジュサンアントワーヌ
    2. ホテルマノワールドトゥイユ
    3. ホテル71
    4. ホテルルプリオリ
    5. ホテルデクテリエ サンピエール
    6. オーベルジュプレイスダルム
    7. シャンプランホテル
    マレデュノール湿原公園

    8キロメートルのトレイルネットワークは、湖と沼地のいろいろな観測点を備え森の小動物を隠れ場所、自然の営むを観察できます。リス、ミンク、カワウソ、ビーバー、ウサギなど青大カケスやマガモ出没する事もあります。

    トワリビエール地区

    ノートルダム・デュ・キャップ大聖堂

    ノートルダム・デュ・キャップ大聖堂の聖母マリア、キリストの母に捧げ歴史礼拝堂や教会

    歴史的なチャペルでマリア様に祈り捧げ聖堂でもクリスマスマーケット、露光モデル、ファミリーデー、コンサート、宗教的なお祝いをお楽しみください。

    電話番号:819 374-2441

    http://www.sanctuaire-ndc.ca/en/

    北米3大巡礼地の1つでセントローレンス川とモリシー川の静かな河畔にあるノートルダム大聖堂。毎年巡礼者や観光客が立ち寄る名所です。

    クランベリー収穫Municipalité de St-Louis-de-Blandford

    地元食卓でクランベリーも身近です。収穫時期9月24日から10月19日まで営業中のクランベリー案内センターを訪問

    場所はケベック州中央部のサンルイドブランドフォードにあるこの組織は、試飲とクランベリー農園訪問を提供しています。

    世界3位の生産量を誇り、ケべック産の小さな赤い果実について詳しく知る絶好の機会です。

    http://www.canneberge.qc.ca

    訪問パッケージはこちら http://www.canneberge.qc.ca/visites-parcours-et-forfaits

    モントリオールに到着

    < style="border-bottom: dashed red 2px">10歳以上の旅行者は、公共交通に乗車中や屋内の公共場では、マスクの着用が義務付けられています。公共場所ではできるだけ接触を制限し、他の人から1メートルの距離を維持しましょう。

    人との距離が十分とれれば屋外での着用は必ずしも必要ではない。特に気温や湿度が高い時には熱中症のリスクが高くなるので人との距離が十分ある場合には外すことを奨励しています。

    モントリオール旅のいい知らせ!すべての海外渡航者は、国籍に関係なく、完全に予防接種を受けた渡航者としてカナダに入国できるようになりました。資格の確認は。 COVID-19の徴候や症状がない 旅行に受け入れられたCOVID-19ワクチンの少なくとも2回接種済であること

    モントリオールWI-HI無線網

    https://ville.montreal.qc.ca/cartemtlwifi/

    フェスティバル・トランスアメリケス(2022年5月25日~6月9日)

    モントリオールは長年、パフォーマンスアートと実験ダンスのホットスポットであり、フェスティバルトランスアメリケは独占と初演のフルレイトで道をリード。2022年のプログラムでは、ラゴスを拠点とするダンス劇団Qudus OnikekuによるRe:Incarnation、Lars JanのHoloscenes、Andrew TayとStephen ThompsonのMake Banana Cry、ブリュッセルのAdeline Rosensteinによる演劇作品Laboratoire poisonがフィーチャーされています。

    自転車に乗ろうフェスティバル(2022年5月29日~6月5日)

    モントリオールのサイクリング愛好度コペンハーゲン指数で、世界のトップ20都市にランクインしました。毎年夏になると、モントリオールの人々はそれを彼らのお気に入りの交通手段の1つにしています。有名なツール・ド・イル・ド・モントリオールは、車のない街の通りとツール・ラ・ニュイで、毎年恒例の都市自転車のお祝いです。

    モントリオール・サン・アンブロワーズ・フリンジ・フェスティバル

    (2022年5月30日~6月19日) 700人以上の俳優、パフォーマー、ストリートミュージシャンを集めたモントリオールフリンジは、毎年プラトーモンロイヤル地区に健康的な活力を加えています。私たちの提案:イベントの3週間の間に、シーンがキノコのように成長する散歩。至る所で驚きがあなたを待っています。

    ロトケベック国際花火祭

    (2022年6月25日~8月6日)インターナショナル・デ・フー・ロト・ケベックは、2年間の不在の後、モントリオールの空を照らすためにこの夏に戻ってきました。待望のイベントは、6月25日から8月6日まで、水曜日と土曜日の夜に、ラロンドのラックデドーファンで開催されます。このエディションのプログラムでは:非常に権威のあるゴールデンジュピターを獲得し、観客を感動させるために競う6つの世界クラスの企業の参加。

    ミュラルフェスティバル

    (2022年6月) モントリオールでは、アーティストがペイントの仕事に就くと、彼らは大きなことを考えます!MURALフェスティバルの機会に、世界最高の壁画家がサンローラン大通りの街で集まり、モントリオールの歴史を広大なカラフルな表面に書く巨大な作品のディントによって、文字通り周囲の風景を変えます。

    スオニ・パー・イル・ポポロ・フェスティバル

    (2022年6月3日~29日)

    毎年恒例のアバンギャルドな音楽シーンの探求であるSuoni Per Il Popoloは、地元のアーティストにショーケースを提供しながら、新しい地平を切り開きます。陽気さに欠けることなくオリジナルなSuoniは、思い出に残る音楽体験の約束です。

    ヤタイMTL – ジャパンウィーク

    (2022年6月6日~12日) モントリオールの日本の文化、工芸、美食コミュニティの結集点であるYatai MTLは、日の出の帝国の最高峰を提供しています。参加企業間のつながりを築くことに加えて、今年は6月10日から12日まで、フェスティバルはマイルエンドのルマルシェデポッシブルをストリートフードトラックとパフォーマンスで占拠します。イベントのインスタグラムとフェイスブックのページをフォローして、プログラミングの何も見逃さないようにしましょう。イタダキマス!

    世界の音楽家フェスティバル

    (2022年6月16日~19日) 4晩にわたり、Centre des musiciens du mondeは世界中の音楽を祝います。音楽の発見と再会、珍しい楽器と旅行が保証されています。オンラインコースとインターンシップで、センターはまた、その聴衆を魅了しています。

    フランコス・ド・モントリオール(2022年6月10日~18日)

    モントリオールのダウンタウンで毎年恒例の世界中のフランス語圏の音楽のショーケースであるフランコスは、この夏、歌でいっぱいの10日間で250以上のショーを提供します。この新版の法案について:ピエール・ラポワント、ダミアン・ロビタイユ、イション、サロメ・ルクレール、リムツ、MCソーラーと彼のニュービッグバンドプロジェクト、ラリーキッド。すべてのプログラミングについては、イベントのウェブサイトを確認してください。

    モントリオール国際ジャズフェスティバル

    (2022年6月30日~7月19日)42年間、モントリオール・インターナショナル・ジャズ・デ・モントリオール・フェスティバルは、広大な地平線からアンダーソンからアーティストを迎え入れることで、ジャンルの限界を押し広げてきました。PaakとFree Nationalsは、Tanya TagaqとDiana Rossを介してBob Dylanに。Jean-Michel Blais、Woodkid、Bebel Gilberto、Gregory Porter、Jesse Cook、Ôlafur Arnalds、Pat Metheny、Alicia Moffet、George Thorogood & the Destroyersは、2022年版のプログラムのアーティストです。

    芸術は私を庭に招待します。

    モントリオール植物園で 6月1日~8月1日:日曜日、午後2時.m午後3時 4101シャーブルックストリートイースト モントリオール、https://espacepourlavie.ca/

    Zoofest

    フェスティバル 2022年7月14日~28日 https://www.zoofest.com/ 7月以降に本格化

    アフリケ国際フェスティバル・ニュイト(2022年7月12日~24日)

    36の場合e今年、国際フェスティバル・ニュイ・ダフリケは、ディアスポラやアフリカ、カリブ海、南米の国民を称える100のショー、ワークショップ、アクティビティの素晴らしいプログラムを持っています。快適な靴を履いて、一晩中踊る準備ができています!

    モントリオール・コンプレテマン・チルケ(2022年7月7日~17日)

    7月の10日間、モントリオール市民は目を丸くします...だからあなたはショーの何かを見逃すことはありません!モントリオール・コンプレテマン・CiRQUEのビッグトップの下、通り、公園、空中で、世界中から集まった最高のアーティストが毎年この街を巨大なサーカストラックにしています。

    ジャスト・フォー・笑いフェスティバル(7月13日~31日)

    笑いのためだけに、それは世界最大のコメディフェスティバルです。まさか!毎年、街の劇場、クラブ、通りでは、それは一般的な陽気さです。2022年には、その40のためにeJust for Laughsは、巨大なベルセンターで、マチュー・デュフールやマイク・ウォードを含むフランスとイギリスのコメディアンを特集します。

    ファンタジア国際映画祭(2022年7月14日~8月3日)

    カナダで最も愛されている映画祭の1つであるファンタジア国際映画祭は、ジャンル映画に焦点を当てています。3週間のスリル、悪寒、血まみれのこぼれが、映画監督のQ&Aやその他の活動と相まって、フェスティバルファンタジアを夏の映画イベント。

    モントリオールファッション&デザインフェスティバル(2022年8月)

    フェスティバルモードデザインの超シックなInstagramを一見するだけで、ファッショニスタの天国を見つけたことがわかります。Quartier des Spectaclesをキャットウォークとして使用して、#FMDMTLのファッションショー、ポップアップショップ、イベントは、モントリオールで最もファッショナブルなファッションと交流しながら、スタイルの最先端にあなたを保ちます。

    イタルフェストMTL(2022年8月5日~21日) その第29版のために、ItalfestMTLはリトルイタリーとそれ以降のコミュニティの誇りの2週間を提供しています。食べ物、文化、パフォーマンスは、モントリオールの熱狂的なイタリア人コミュニティを力強く連れ出し、夏の夜を食べ、踊り、遊びます。チャオベラ!

    お問い合わせはコチラへ!

    電話番号418-649-0489

    ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

    メールでのお問い合わせ