8月18日23年最新情報

現地の近況と山火事やCOVID-19

カナダの旅行および観光産業はCOVID-19パンデミックから回復する予想がされていますが、2023年春先から山火事が問題となっています。 前例のない数の森林火災がケベック州を襲った。暑く乾燥した天候の影響で、通過する暴風雨線により多くの稲妻が発生し、州内で100件以上の山火事が発生しました。州内のキャンプファイヤー使用は7月以降から全面禁止になった。

コート・ノール地域、ノール・デュ・ケベック地域、アビティビ・テミスカマング地域、ローランティド地域、ラノディエール地域、モーリシー地域、サグネ・ラック・サンジャン地域が深刻な影響を受けている。火災はとくにアビティビ=テミスカマング、コート=ノール、サグネ=ラック=サン=ジャン、ノール=デュ=ケベックの地域に影響を与えた。

赤十字社は当初から、緊急用具(ベッド、寝具、パーソナルケアキットなど)を大量に発送したり、ボランティアや赤十字職員を目標の場所に派遣したりして、地方自治体や先住民コミュニティを支援しました。

モントリオール北西部13000KM以上離れた人口の少ない地域で、林業行以外の人は通常は立ち入りをしない地域です。、 2023年7月17日月曜日に天然資源森林省(MRNF)は、2023年7月13日に発表した国有地の森林への立ち入り禁止と林道の閉鎖を修正することを決定した。 この決定は、政府と共同で行われた。とくに気象条件の変化、地域での作戦上の現実、および消火のためにSOPFEUが実施した介入のためSOPFEUはその責任を負っています。

モンタレンブランからさらに400KM北西のヴァルドールは、ケベック州北西部とケベック州南西部の都市部を結ぶ主要道路であるレゼルブファユニークラヴェレンドリーとルート117、およびトランスカナダハイウェイに近いが、煙のために閉鎖される警戒態勢が解除された。 ローレンシャン高原終日観光や各観光地の山火事の煙の影響はありません。モントリオール、ケべック発着ツアー観光は安心して屋外活動をお楽しみください。 オタワなどの観光都市の滞在にも煙の影響は発生しておりません。

公共の屋内環境ではマスクを着用することをおススメします。

カナダの飛行機や電車ではマスクを着用する必要はなくなりました。しかし旅行中は、最高の品質と最適なマスクまたはマスクを着用することを強くおススメします。 より重篤な病気や転帰のリスクがある他の人の周り混雑した公共の屋内広場や換気の悪い環境は要注意。

最高の品質N95マスクの着用を検討

どうしても外出しなければならない場合は、N95マスクの着用を検討すべきかもしれません。顔によくフィットするN95マスクは、煙によって引き起こされる症状や呼吸器の不快感や咳、炎症、喉の痛みを軽減します。 N95マスクは、保健および社会福祉ネットワークの施設によって、煙にさらされた人々に配布されます。

あらゆる予防策を講じたにもかかわらず気分が悪くなった場合は、811に電話してInfo-Santéにご連絡ください。 Info-Santé 811 (オプション1) は、秘密厳守の無料電話相談サービスです。

811はこのサービス固有の電話番号です。オプション1の811にダイヤルすると、緊急ではない健康上の問題が発生した場合にすぐに看護師に連絡できます 。 ただし、重大な問題が発生した場合や緊急の必要がある場合は、9-1-1に電話するか、緊急治療室に行くことが重要です。

海外旅行で乗り継ぎで荷物ロストバゲージの対策については、以下のような方法があります

* 手荷物紛失証明書(Property Irregularity Report: PIR)と参照番号を受け取ります。預入手荷物の控え、搭乗券の半券とともに、大切に保管しましょう。

ケべック市内の散歩に最適なもっとも美しい公園と庭園

アブラハムの平原とジャンヌ ダルクの庭園 ジャンヌ ダルク庭園については、その美しさから結婚式の写真家の間で有名になり、多くの人が芸術の練習のためにここに来ます。夏の間は、150種を超える花や植物が調和して配置され、のどかな雰囲気を作り出すことができます。10月には、庭園がハロウィーンの豪華な装飾でお化け屋敷に変わります。

リヴィエール サン シャルル リニア パーク Parc linéaire de la rivière Saint-Charles

所在地: 332 Rue Domagaya, Québec, QC G1L 5B1電話418 691-4710トレイルマップhttps://www.ville.quebec.qc.ca/citoyens/loisirs_sports/parcs/parc-lineaire/carte/docs/carte_Parclineaire.pdf

Parc de la Plage-Jacques-Cartier

3636, chemin du Pavillon (Arrondissement de Sainte-Foy–Sillery–Cap-Rouge) この公園は、ベビーカー、瞑想愛好家、鳥類学者、ピクニック愛好家にとって興味深い場所です。季節に応じて、未舗装のトレイルや雪のトレイルを愛する散策を楽しめます。冬季は、メイン トレイルでもスノーシューを楽しめます。

ケベック州アゴラ港でのショー

Challenger 3vs3 Québec - 8月18 au 20日Superfrancofête : 8月30日Gims - Spectacle sous les étoiles : 9月1日Charlotte Cardin :9月7-8日Festival Celtique avec Yves Lambert : 9月9日Envol et Macadam : 9月15 et 16日

フェスティビエール ド ケベック

では、約50の地ビール醸造所が醸造した数百種類のビールが提供され、ビール愛好家と好奇心旺盛な初心者の両方にアピールします。 ル フェスティビエールでは醸造業界から講演者を迎え、さまざまな音楽パフォーマンスを披露します。 2023年8月17日~20日 期間中毎日~一日中https://infofestibiere.com/quebec/

ケベックシティ映画祭

FCVQは、主要な国際映画祭と肩を並べる一大映画イベントです。新作や未公開作品を上映するプラットフォームとして選ばれている。映画祭はまた、地元や地方の新進アーティストの作品を支援し、配給の機会やメディアへの露出の機会を提供している。 9月13日から9月17日2023年期間中連日Le Diamant Méduse L'Impérial Bell Musée de la civilisation

ケベック・ケルト・フェスティバル

ケベック・シティ・ケルト・フェスティバルは、ケベック・シティ地域の多くの住民のケルト人の起源を発見し、ケルト人の文化を祝う機会です。 音楽、スポーツ、料理、文化など、あらゆる年齢層が楽しめるイベントが、週末を通してドメーヌ・ド・メゼレで開催される。 ビールテントとケルトの饗宴2年連続で、来場者はFCQのビアテント(大きなテントの下)に立ち寄り、ノンストップの音楽の饗宴を楽しむことができる。 昔ながらの串焼きの美味しいお肉をお召し上がりください。 ハイランド・ゲームズ ハイランド・ゲームズには、カナダ・サーキットで活躍するトップ・コンペティターが多数参加する。投石16ポンドから22ポンド(女性8ポンドから12ポンド)、砲丸投げ56ポンド(女性28ポンド)、体幹投げ120ポンド、砲丸投げ56ポンド(女性28ポンド)の4つの公式種目で、観客を魅了する。 昼間のエンターテイメント さまざまなキオスク、バイキング村、島のケルトミステリー、78thフレーザー・ハイランダーズなど、昼間のエンターテイメントは誰もが楽しめる内容となっている。 ステージでは、ダンス、伝統音楽、バグパイプ、その他多くのケルト楽器など、多彩なプログラムが週末を通して来場者を待っています!

FCQはMaison

Simonsと共同で、9月9日(土)午後8時からケベック港のアゴラでこの夕べを開催します!グランド・オーケストラとともに、イヴ・ランベールは大成功を収めます7人のミュージシャンを従え、新しいハーモニーとリズムの道を探るオーケストレーションで、寛大で祝祭的なショーをお届けします。 その他、盛りだくさんの内容。詳細日程: 2023年9月8日~10日毎日 - 終日入場料 無料

2023 年 9 月 8 日 グランプリ・サイクリスト・ドゥ・ケベック

UCIワールドツアー・サーキットのアメリカにおける2つの開催地(モントリオールと並ぶ)のうちの1つであり、世界最高のライダーで構成される18のワールドチームの参加を保証している。 この最高レベルのスポーツ・スペクタクルは、ケベック旧市街の中心部で開催される。ケベック旧市街は、オーダーメイドの地形と紛れもない魅力のおかげで、このイベントのための特別な会場となっている。世界のサイクリング・エリートたちの活躍を、もっとも華やかで心地よい雰囲気の中で見られるまたとない機会だ! 競技大会の時間帯前後90分は旧市街は車両は通行止めなので、2時間以前に移動することをおススメします。 グランプリ・サイクリスト・ドゥ・ケベック・サーキットは、とくにパンチュールや急坂に慣れている人に適している。コースは16周し、グランド・アレーの壮大な上り坂でフィニッシュする。 詳細開催日: 2023年9月8日

秋色彩フェスチバル

2023年9月16日から10月9日までの毎週末、モン サンタンヌはカラフルなドレスを着て、誰もが楽しめる幅広いアクティビティを提供します。山に行って、色彩とお祭りの雰囲気を楽しみましょう。 マウンテン バイク トレイル、ハイキング コース、ディスク ゴルフ、ヘバーティズムなどのモン サンタンヌの「定番」を見つけてください。そこにたくさんの驚きが加わります。 日付2023年9月16日~10月9日 日曜日、土曜日 - 終日https://mont-sainte-anne.com/events/la-grande-viree-des-couleurs/

ケベック、マジックシティ!

北米最大のマジックフェスティバルでは、街が魔法で震えます。 ユーヴィル広場のファミーユ広場では、ショーやエンターテイメントがあなたをお待ちしています。また、ル・ディアマン劇場では世界トップクラスのマジシャンによる大マジックショーが4回上演されます。 日付2023年9月20日~24日毎日~一日中https://www.festivaldemagie.ca/ 会場ディユーヴィル広場

ケべックマラソン大会

9月29日から10月1日 ランナーとウォーキングは、ケベックのもっとも美しい通りを縦横に走る絵はがきのようなルートの始まりとなります。秋の景色がランナーを待っているこの挑戦は、まさに秋の景色に彩られています。 マラソン・デ・ケベックのコースは国際基準にしたがって測定され、カナダ陸上競技連盟によって認定されています。その結果、参加ランナーはボストンマラソンなどのマラソン大会への出場資格を得るために利用できるようになります。 https://www.jecoursqc.com/marathon-quebec/epreuves/ ユースレース(2KM)2023年9月29日 ベネバ ヘルスから5 km出発時間午後3時2023年9月30日42.2 KMベネバ 出発時間 午前8時15分
日付: 2023年10月1日10キロ出発午前8時30分
日付: 2023年10月1日21.1 KM提供WND 91.9出発時間午前9時50分
詳細日付2023年9月29日~10月1日Tous les jours - Toute la journée

ハーロイン祭り

アブラハム平原で、楽しくも恐ろしいアクティビティに参加しよう。家族や友人と一緒に、過去の亡霊に出会って平原の暗い歴史とその足跡を残した人物を発見し、10月31日以降もこの季節を満喫しよう! 9月30日から11月12日2023期間中毎日朝から夕までParc des Champs-de-Bataille Jardin Jeanne d'Arcケベックグルメテーブル ケベック テーブル グルマンド フェスティバルが帰ってきて、ダイニング ルームで楽しめる数多くの定番メニューが提供されます。 今年は50軒以上のレストランがフェスティバルに参加し、ブランチ、ランチ、ディナーを1人あたり25ドル45ドルまたは65ドルで提供します。 今後の新しい日程https://quebectablegourmande.com/

8月中旬www.comediha.com

マレデュノール湿原公園

8キロメートルのトレイルネットワークは、湖と沼地のいろいろな観測点を備え森の小動物を隠れ場所、自然の営むを観察できます。リス、ミンク、カワウソ、ビーバー、ウサギなど青大カケスやマガモ出没する事もあります。

モントリオールに到着

屋外テラスカフェを探しながら街歩きを提案します。

旧港やセントローレンス川沿いを散策し、街並やハビタット67、バイオスフィアの眺めを楽しめます。モントリオール旧市街では、無料のMTLWiFiワイヤレスインターネットネットワークで、地図やレストランのレビューをオンラインで調べたり、シテ・メモワール(火曜日から日曜日、夕暮れ時から午後9時まで)の壮大な投影などパブリックアートを探したりできます。また、セントローレンス川とマウント・ロワイヤルを結ぶ遊歩道、プロムナード・フルーヴ・モンターニュはおススメです。

中華街界隈のフェスティヴァル広場

では、プロムナード・デ・アーティスト沿いの芸術的インスタレーション「Ville Orchestre」で、音楽の才能を発見してください。振付家フレデリック・グラベルと写真家Yakoの3年間の対話を2,000枚のアニメーション画像で記録したプロジェクション作品「Gravel @ Wilder」を、4月18日まで毎晩、フェスティバル広場のWilder Buildingのファサードでご覧ください。

サント・カトリーヌ通りで巨大チェスやスクラブルに興じたり、エスプラナード・トランキーユでローラースケートのデモンストレーションやコンサート、演劇を鑑賞もおススメです。


サン・ローラン大通りを歩くのも楽しいものです。

とくに、野外美術館に変身するフェスティバルMURAL(6月8日〜18日)の期間中は、サン・ローラン大通りを気軽な街歩きおススメです。壁画家たちが描く新作を鑑賞したり、野外コンサートを楽しんだりする機会です。同時に、グランプリも市内中心部で開催され、6月16日から18日まで、数多くのアクティビティ、無料イベント、コンサートが行われます。レナード・コーエンに捧げられた2つの壁画、クレセント通り(サー・ウィンストン・チャーチル・パブの近く)

サンローラン大通り

(ナポレオン通りの交差点、有名レストランのスモークミート「シュワルツ」の近く)にある壁画をお見逃しなく。

付近からマウント・ロイヤルはすぐ近くです。

その頂上からは、ダウンタウンの景色が一望できます。また、モントリオールの人々が噴水のそばでくつろいだり、ピクニックをしたりするのが好きなプラトーのラ・フォンテーヌ公園まで歩いたり、地下鉄でジャン・ドレポー公園まで街を離れることもできます。4月9日からは、ジャン・ドラポー公園のサーキット・ジル・ヴィルヌーヴまでペダルを漕ぎましょう。

歩行者専用道路 -Wellington ウェリントン・ストリート

2023年6月5日~9月7日散策やショッピングを楽しみながらコーヒーを飲んだり、たくさんのテラス席でくつろいだり。WI-Hi接続が抜群

*臨時休館あり。 ウェブサイトhttps://www.promenadewellington.com/en/quartier/pedestrianization2022/
プロムナード・ウェリントン(Promenade Wellington)は、1.3kmの歩行者専用道路で、250以上の商店とレストランがお客様をお迎えします!br!
通り沿いのテラスや、日陰のテイクアウトエリアで、ドリンクやスイーツを楽しみながら、日差しを浴びてください。さらに、Quai 5160、Wellの加盟店、地元住民が協力して、ストリートダンス、音楽ショー、星空の下の映画など、盛りだくさんの文化プログラムを提供中

屋台グルメ

協同組合または非営利団体514-274-2719モントリオールでは、ストリートフードが大流行しています。多くのフードトラックやテイクアウトカウンターには、ジオロケーションソフトウェアがあります。 TwitterやFacebookをフォローして、おいしい美食の発見をしてください。最高の品質基準を満たすため、フードトラックはAssociation des restaurateurs de rue du Québecと提携しています。 カウンターでは、新鮮で手頃な価格の最高品質の商品を取り揃えています。
Chungchun MERCREDIS PIQUE-NIQUE TOLHURST 2023 — Rue MeunierMercredi 8/23 Août 05:00 PM - 09:00 PM
Bubu Food T TAM-TAMS 2023 — Monument Sir G.E. Cartier, MontréalDimanche 8/27 Août 10:00 AM - 08:00 PM
Simple Sweet MERCREDIS PIQUE-NIQUE TOLHURST 2023 — Rue MeunierMercredi 8/30 Août 05:00 PM - 09:00 PM
Schnitzel Truck PARC CONNAUGHT 2023 — Parc ConnaughtJeudi 8/31 Août 04:00 PM - 09:30 PM
Le Gras Dur MERCREDIS PIQUE-NIQUE TOLHURST 2023 — Rue MeunierMercredi 9/6 Septembre 05:00 PM - 09:00 PM
Le Café Du Passeur PARC CONNAUGHT 2023 — Parc ConnaughtJeudi 9/7 Septembre 04:00 PM - 09:30 PM
Queues De Castor / BeaverTails

MUTEK

第24回 : デジタル・クリエイティビティとエレクトロニック・ミュージック2023年8月22日~27日 フェスティバル・イベント フェスティバル 新興音楽 ナイトライフQuartier des spectacles Bordered by René-Lévesque, Sherbrooke, City Councillors and Saint-Hubert Montréal, QC Place-des-Arts Downtown - Quartier des spectacles https://montreal.mutek.org/

M.A.D.フェスティバル

ファッション、アート、デザインの祭典2023年8月24日~27日 フェスティバル・イベント フェスティバル ビジュアルアート、デザイン、マルチメディア エマージング・ミュージックQuartier des spectacles Bordered by René-Lévesque, Sherbrooke, City Councillors and Saint-Hubert Montréal, QC Place-des-Arts Downtown - Quartier des spectacles https://madfestival.ca/en/

近所のお祭りのダンス

第21版 芸術広場Place des Arts 175 Sainte-Catherine Street West Montreal, QC芸術広場2023年9月6日から17日まで: 毎日。 有料・無料アクティビティ ウェブサイトhttps://quartiersdanses.com/ 514-751-2207 10日間にわたって開催されるフェスティバル・カルティエ・ダンス(FQD)は、コンテンポラリー・ダンスを民主化し、ストリート、公園、公共市場、美術館、保育園、コミュニティ組織など、これまでコンテンポラリー・ダンスが上演されたことのない場所で上演することを使命としている。 コンテンポラリー・ダンスのための年に一度のランデブーであり、舞台でも都市環境でもある。プログラムには、芸術広場でのパフォーマンス、モントリオール近郊での野外パフォーマンス、ダンスに関するショートフィルムの上映などが含まれる。

POP モントリオール国際音楽祭

2023年9月27日~10月1日住所 ザ プラトー モン ロイヤル モントリオール、ケニア州 モンロイヤル プラトー・モン・ロイヤルとマイル・エンド 地図で見る2023年9月27日~10月1日日、水、木、金、土400人以上のアーティストがファンや業界関係者と交流しています。このフェスティバルは、伝統的な会場から親密なバーや屋上に至るまで、市内とその複数のステージを占拠します。 そのプログラムでは、ポップ モントリオールでの音楽パフォーマンスだけでなく、POPシンポジウムでのカンファレンスやワークショップ、アートPOPでのビジュアル アートの展示、フィルムPOPでの映画上映、ピュセスPOPでのユニークな作品、そしてキッズPOPで子供や家族を楽しませる何かを提供しています。 有料アクティビティと無料アクティビティ

素材三部作:コレクション ザ・ギルド

常設 フェスティバル ビジュアルアート、デザイン、マルチメディア450点を超えるイヌイットとアメリカインディアンの芸術作品は、カナダの異なる物語を伝えます。アンソニー・マクリーン 住所 ラ・ギルド シャーブルック・ストリート・ウェスト1356モントリオール(QC H3G 1J1ピール ダウンタウン - ゴールデン・スクエア・マイル 火、水、木、金10:00~18:00、日、土10:00~17:00休館日

長期にわたる準備の成果として、4人のキュレーターがそれぞれの感性と知識でラ・ギルドの常設コレクションを再考。彼らは、ラ・ギルドが大切に保存してきた品々を制作したアーティストや職人たちが使用した多種多様な素材に疑問を投げかけ、鑑定し、最終的に結婚させる。 イヌイット・アート、ファースト・ネーションズ・アート、メティエ・ダールの3つのセクションに分かれた「Trilogy of Materials: A Collection」では、ラ・ギルドが所蔵する宝物の一部を紹介している。約115点が展示され、互いに呼応し合い、素材を表現している。展示されている工芸品の中には、さまざまな彫刻、布片、鉤織の敷物、バスケット、実用品などがあり、それらは現在、過去と現在の貴重な架け橋となり、過去の知識と技術を示している。

アルム広場ミュージック ゾーン 第10版

2023年6月12日~9月1日祝日とお祭さまざまな音楽ジャンル見せるモントリオール旧市街で行われる屋外音楽イベントをお見逃しなく。 ゾーン音楽広場ダルムは夏のシーズンに戻ってきて、新しい一連の多彩なコンサートを開催します。 月曜日から金曜日の晴れた日の午後12時から午後1時まで、アルム広場の中心部に集まりましょう。フォークからジャズ、R&Bから現在のポップまで、アーティスト専用のスペースがあります。 ※悪天候の場合、コンサートが中止となる場合がございます。 日程: 月曜日から金曜日 / 午後12時から午後1時まで日程: 6月12日から9月1日まで場所: アルム広場 © ジュヌヴィエーヴ・ジゲール住所https://vieuxmontreal.ca/evenements/zone-musique-place-darmes-2023

天体年代記

祝日とお祭りビジュアルアート、デザイン、マルチメディア科学と自然見せる150 https://espacepourlavie.ca/planetarium星、惑星、月、星座、天文ニュースはあなたを驚かせます。 © セバスチャン・ゴーティエ 住所プラネタリウム - 生命の空間4801、avenue Pierre-De Coubertin駐車場: 3000、rue Viau Montreal、QC H1V 3V4ヴィオーViauオリンピック地区

OFF モントリオール ジャズ フェスティバル

第24版2023年10月5日~15日祝日とお祭りさまざまな音楽ジャンル祭りこの版では、あなたの好奇心を刺激する先見的なプロジェクトを紹介します。 © マーティン・モリセット住所ゴールデンライオン1676 Ontario Street East Montreal、QC H2L 1S7パピノー 125村2023年10月5日から15日まで: 毎日。 価格5ドルから35ドル

ピクニック・ エレクトロニックミュージック

2023年5月21日~10月1日夏の毎週日曜日、モントリオール市街を見渡すことができる野外イベントで、上質なエレクトロニック・ミュージックを楽しめます。初心者でも楽しんでいただけるよう、クラシックミュージックや大胆なプログラミングを使用します。

Plaine des jeux Tour-de-l'Isle Road Île Sainte-Hélène Montréal, QC Jean-Drapeau

ジャズクラブカフェ・レゾナンス

5175Aパークアベニュー、モントリオール、QC H2V 4G3514.360.9629

2012年末の設立以来、私たちの目標は、モントリオールで創造的な音楽が花開く空間を維持することです。

毎晩、ジャズ、クラシック、実験音楽などを、地元で活躍するアーティストが演奏しています。


ディエス・オンゼ・ジャズクラブ

4115 St Denis St, モントリオール、QC H2W 2M7514.223.3543ウェブサイトhttp://www.dieseonze.com/


アップステアーズ・ジャズ・バー&グリル

1254 Mackay St, モントリオール、QC H3G 2H4514.931.6808ウェブサイトhttps://www.upstairsjazz.com/

ジャズと一緒に楽しむお酒や軽食、またはフルコース料理など、Upstairsは最適な音楽体験を提供しています。ドレスアップもカジュアルも思いのまま。


ハウス・オブ・ジャズ

2060 Aylmer St, モントリオールQC H3A 2E3514.842.8656ウェブサイトhttp://www.houseofjazz.ca/

ジャズの生演奏とジューシーなチキンとリブで有名なクラブです。温かい雰囲気、フレンドリーなサービス、ライブエンターテイメントが魅力です。


Jardin Nelson

ウェブサイトhttps://jardinnelson.com/

407 Place Jacques-Cartier, Montréal, QC H2Y 3B1514.861.5731

コンプレックス・デジャルダン

150 Saint-Catherine St W, Montreal, QC H2X 3Y2514.281.1870


ル・フォーブル・ステ・カトリーヌ

514.939.3663


プレースモントリオールトラスト

1500 McGill College Ave,Montreal, QC H3A 3J5514.843.80005階建てのガレリアには、100のブティック、レストラン、専門店が入っています。


The Montreal Museum of Fine Arts

最寄りの地下鉄Guy-Concordia徒歩でモントリオール美術館(MMFA)は、1860年に設立されたカナダでもっとも古い美術館であり、北米を代表する美術館です。そのコレクションは、ケベックとカナダの遺産、そして国際的な芸術を、批評的かつ異文化間の視点から紹介しており古代から現代までの絵画、彫刻、グラフィックアート作品、写真、マルチメディアインスタレーション、装飾美術品など約45,000点から構成されています。MMFAの展示は、考古学から美術、現代美術まで、あらゆる分野に及んでいます。

5つのパビリオンで構成される複合美術館に、80以上の展示室、ブージーコンサートホール、講堂と映画館、ブティックと書店、社内出版部門、公共の彫刻庭園、教育とアートセラピー 営業日、火、木、金、土、午前10時〜午後5時、水、午前10時〜午後9時。 休館日ビクトリア・デー、労働者の日、12月24日、25日、1月1日。https://www.mbam.qc.ca/fr/


ノートルダム・ド・ボン=セクール礼拝堂

モントリオール旧市街の散策は、街とそこに住む人々の歴史を物語る壮大な建造物を鑑賞する機会です。そして、ノートルダム・ド・ボン=セクール礼拝堂とマルグリット=ブルジョワ史跡への立ち寄りも欠かせません。

2022年5月31日~10月15日毎日、午前10時~午後6時。 2022年10月16日~2023年5月14日火・水・木・金11時~16時、日・土11時~17時。

300年の歴史を持つモントリオール最古のチャペルや歴史博物館のほか、18世紀の石造地下礼拝堂、遺跡、聖マルグリット・ブルジョワの墓などがあります。 また、モントリオール初の教育者であるマルグリット・ブルジョワの生涯と作品に捧げられた博物館もあります。 ツアーの最後には、チャペルの展望バルコニーから、川、モントリオール旧市街、ダウンタウンの壮大な景色を堪能してください。


リズミカルな夜:ジャズで盛り上がるハウント

毎年夏に重要な「モントリオール国際ジャズフェスティバル」が開催されるこの街では、ジャズファンをはじめとするオールドソウルの人々が常にサービスを提供しています。しかし、この代表的なイベント以外にも、ジャズは街で日常的に行われています。

ダウンタウンにある「Upstairs Jazz Bar-Grillアップステアーズ・ジャズ・バーグリル」は、クラシックでクールな雰囲気の店です。

プラトーには、居心地のよい「Diese Onzeディーゼ・オンゼ」や禁酒法時代の酒場「Bootleggerブートレガー」があります。

モントリオール旧市街では、ModavieとStash Caféが、それぞれフランス料理とポーランド料理に合わせたライブ音楽を提供しています。

最後に、この地域のジャズを語る上で、House of Jazz Lavalハウス・オブ・ジャズ・ラバルを欠かすことはできません。その豪華な内装は、まるで別世界に飛び込んだかのような気分にさせてくれます。


Musée d'art contemporain de Montréal

現代美術を専門とする美術館で、著名なアーティストが展示されています。 Musée d'art contemporain de Montréal 1, Place Ville Marie Entrée par les rues Mansfield ou Cathcart Niveau: galerie commerciale Montréal, QC H3B 3Y1有・水・木・金11:30~19:00土11:00~18:00、日11:00~17:30休業日12月25日、26日、1月1日

お問い合わせはコチラへ!

電話番号418-649-0489

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ