.htm lang="ja"> モントリオール基本情報 <
HOMEモントリオール基本情報

モントリオールはセントローレンス河とオタワ川の合流点

に浮かんだ巨大な中州の島。パリに次ぐ第二のフランス語圏都市で、標識や案内板ほとんどがフランス語表記になっている。
カナダ第2の商業都市でもあり多国籍企業が多い為、ビジネスの言葉は英語が中心。 加えて世界各国からの移民文化が流れ込んだため、独特の構成を持つ街となった。

旧市街にはヌーベル・フランス時代の薫りが残る

石造り、建造100年以上の建物が点在しており、モントリオールの発祥地でもある。ステンドグラスの美しさで有名な「ノートルダム大聖堂」をはじめ、18〜19世紀に建てられた「ボンスクール・マーケット」など趣のある石造りの建物が多い。 「ジャック・カルティエ広場」「プラス・ダルム」の石畳から、ヨーロッパ情緒あふれる雰囲気が漂う。またこの広場付近からモントリオール旧港を含めた眺めはこの都市の特徴ともいえる。

モントリオールはロワイヤル山を中心とした山地

北米のパリ,モントリオールの魅力

古い歴史をとどめた「旧市街」と近代的な「ダウンタウン」、そして巨大な地下街が広がるアンダーグラウンドの4つに分かれる。さらにそのダウンタウンも「サン・ロラン大通り」を境に東は仏系文化、西は英国系文化が影響力をもった地域となっている。

そのうちの市街地は、フランス語圏や世界中からの移民が形成するモザイク文化は個性豊かな表情をもっており、平和なモントリオールの象徴である。


ナイトライフ

地元の人で賑わうナイトスポットといえば、カルティエ・ラタンの「サン・ドニ通り」周辺。新しいスタイルのジャズ・バー、レストラン、アートギャラリーなどが建ち並び、夜遅くまで楽しめる。またダウンタウンの「クレセント通り」や「サン・ロラン大通り」の両側にも夜遅くまで営業している大人の雰囲気の有るレストラン、ビストロ、ジャズバー、カフェが多い。

24時間営業のカジノ会場は、ノートルダム島の万博跡地に有り、地下鉄でも行くことが出来る。ブラック・ジャック、バカラ、ルーレット、スロットマシーン、キノの5つのゲームが楽しめ、夜になると長蛇の列が出来て、モントリオールの名物になっている。

中華街→プラスダルム→ノートルダム大聖堂→市庁舎→ジャックカルチェ広場、セントポール通りや 旧港、ダイナミックな都市空間

ホテル周辺から地下街

モントリオールは「アンダーグラウンド」巨大な地下街をはじめ、魅力的なショッピング・エリアが各地に点在している。どこへ行ってもショッピングを楽しめる。中でもダウンタウンの「サン・カサリン通り」沿いは、有名デパート、ショッピング・モールが集中しいる。

ショピング

サン・ドニー通りやサン ローランには、ケベック・ブランドの工芸品、小物などのお店が軒を連ねているのでウインドウショッピングが楽しめる。プラトー地区の「モン・ロワイヤル通り」周辺や西側の高級住宅街のある「ウエスト・マウント地区」は、英仏系の資産家が多く住み高級なおしゃれなお店が多い。更に、ダウンタウン南西の「アトウォーター」「リトル・イタリー地区」「ジャン.タロン」などの地元の市場を訪ねても楽しい。

空港

Montreal Airport Bus 747 Express片道$9 途中地下鉄と連結ダウンタウンまで約45分

ダウンタウン主要ホテルまでタクシーで$42(40分前後所要)


セントラル駅

 Gare Central トロント、オタワ、キングストン、ケベック、フレデリクトン、アメリカ方面からアムトラックが発着する。 地下街プラス・ビルマリー、プラス・ボナバンチュールとつながり、クイーンエリザベスホテルとつながっている。 地下街はレストラン、商店が多く、旅行者、地元人で賑わう。地下鉄の連絡はプラス・ボナバンチュール駅Bonaventure。

モントリオール市内バス、地下鉄STM

路線バスとSTM地下鉄と相互の乗り継ぎができる。比較的清潔な地下鉄で、気軽に主要観光場所へ行ける。早朝6時から深夜0:30過ぎまで。片道$3で料金は移動距離に関係なく、改札通過カード確認後から時間管理され3時間弱利用できる。1日券$9と3日券$18も有る

治安

ご自分の身はご自分である程度、注意すれば大丈夫です。置き引きやスリが殆どで、日本人のパスポート盗難被害の70%(13件)は6月から10月に発生しています。特に7月と10月の日本人観光客が多い時期に7件と突出しているのが特徴です。7月はジャズ・フェスティバルを始め各種イベントが多く、10月は紅葉の季節となり、ともに観光シーズンに被害が多くなっています。

盗難に遭う場所のトップはホテル内のレストラン、ロビー等であり、特に朝食のビュッフェにおいて、かばん等の置き引きの被害に遭うケースが42%(11件)と最多を占めています。また、

空港で搭乗手続きの際に被害に遭うケースも15%(4件)ありますので要注意です。 最後に、盗難発生の時間は午前7時から9時までが39%、午後6時から8時までが33%で、食事の時間帯呉々もパスポートの管理にはご注意ください。

モントリオールは300万人の商業都市。世界一住みたい場所に選ばれた年も有ります。モントリオール島内では55言語以上話されおります。モザイク文化の楽しいユニークな都市です。どの都市でもそうですが、置き引き,スリなどはある程度注意してれば問題ありません。グループが多い紅葉シーズン(9〜10月)に観光客の同時に集まる効率の良い場所、教会やホテル,広場で、毎年数件届け出があります。

有名ホテルロビーは便利な地下鉄と連結しているので、気軽にいろいろな外国人の出入りが予想できます。ツアー前やツアー終了後でグループメンバーを一瞬に狙います。ロビー階での待ち合わせは1人より、2人で待ち合わせし、手荷物は最小になるように心掛けましょう。

備え有れば,憂い無。以下(1〜7)もご参考までに。

  • ノートダム寺院で逆コースで周りで接近、意図的に日本人グループとすれ違う観光客。
  • カメラ撮影を勧める怪しい人、観光客の死角の瞬間を狙う手口。
  • 観光地で、ケチャツプ,マヨネーズを故意に付け,パニツクの死角の瞬間を狙う手口。
  • バスや乗り物の移動間際の高価なデジカメラやノート型コンピューター狙い逃げ去る。
  • モントリオールと同様に置き引き,スリなどはある程度注意してれば問題ありません。女性も深夜でもOK。
  • モントリオールと同様に紅葉シーズン(9〜10月)に、ホテルロビーや年中観光客の多い狭くすれ違う路地、広場、トレゾール通り。
  • 有名な観光客で賑わう名所、買い物時の現金管理は注意。

(モントリオール領事館のデーターから掲載しました。)


お土産は

日本で売っていないケベツクの物だと思います。メープルシロップ(開け口フタが極力丈夫な商品)缶ならスーツケース内で心配なし。ジャム類ブルーベリイー、ラズベリイー、チーズ、チョコレート、限定のホツケーユニホーム、おしゃれな普段着、Tシャツ、手編みセーター、毛皮帽子、皮製品、小物、アン人形。最近ではアイスワインやシードル、野生果実酒も評判ですが、少々重い。日本での宅配サービスを利用する方法が受けています。当社を含め取り扱っている高価。また小物、雑貨、キッチン、生活用品、インテリア小物など。コンピューター関連ハイテク製品

ノートルダム大聖堂 Notre-Dame-Basilica

1829年に建てられた北米で、最も有名なネオ・ゴシック様式の教会。

青い天井、緻密な彫刻を施した祭壇、柱、また両側の豪華なステンドグラスはこの土地の歴史を物語る。

拝観料$5/1人(時間帯8:30〜16:00)日曜日午前中は閉館。(土曜日も地元儀式で閉館になることもあります。)

ノートルダムボンスクール教会 Notre-Dame-de-Bon-Secours chapel

ノートルダム・ド・ボンスクール教会。 船乗り教会として知られるが、開拓当時の面影が残されたモントリオール最古の教会。Marguerite Bourgeoys(マルグリット ブルジョワ)によって創られた。まだフランスで活躍していたマルグリットには、フランスで修道女をしていた姉経由。心強い教育者を求めたメゾヌーブ総督の依頼はまず姉の耳に入り、マルグリットがモントリオールで児童教育と宗教活動をすることになった。その時代、修道院外での活動を禁止されていた修道女にかわりマルグリットは依頼を引き受け、その後も積極的に活動をすることになった。

フランスから長い航海をへて1653年にやっと到着。5年後、彼女はNotre-Dame-De-Bonsecours教会の建設を始めるが数々の困難にあい、中断。 彼女に与えられたのは捨てられていた家畜小屋だった。マルグリットはそれを改装し、学校を開いた。彼女の長年の夢であったNotre-Dame-De-Bonsecours教会は1675年にやっと完成。

しかし火災で焼失してしまう。この時、奇跡的に残った木造のマリア像は今でも教会内に置かれ、当時からモントリオールの移り変わりを見守っている。教会内にある美術館には彼女の生涯がミニチュアドールとなって展示してある他、Notre-Dame-De-Bonsecours教会の歴史もたどれるようになっていてかなり見ごたえがある。

ジャツク・カルチェ広場 Place Jacque-cartier

旧市街の観光の中心地で、ここで観光バスは停車する。一昔前まで、市場として賑った広場で、今日ではカラフルな花壇の両側に、野外テラス、レストランが並んでいる。近くには市役所、18世紀の邸宅シャトー・ラムゼーなどがあり、散策やウィンドウ・ショピングを楽しめる広場。

聖ジョゼフ礼拝堂 Oratoire St-Joseph

北米有数の巡礼地で年間200万人以上の人々を迎えている。もともとアンドレ修道士が、信仰の力で数多くの病人を癒し、信仰者を集めた。彼の死後、小さな木造の礼拝堂近くに、1924年から大聖堂の建設が始まりに1960年にようやく礼拝堂が完成した。礼拝堂の中には杖や義足が数多く残されている。拝観有料$3です。 6:30−20:00

モン・ロワイヤル公園 Parc Mont−Royal

モントリオールのほぼ中心にあるロワイヤル山一帯を占める大公園。公園の西側のビーバー・レイク湖周辺は、ジョギングやサイクリング、冬はクロス・カントリースキーやスケートを楽しみむことが出来る。また山頂から10分前後の散策するとシャレー展望台からモントリオール・ダウンタウンのパノラマを楽しむ事が出来る

オリンピック・スタジアム Olympic Stadium

1976年の夏季オリンピック会場でフランス人が設計した8万人収容できるスタジアム。遠くからみても、近くから見ても面白い構造であるが莫大な建設費と維持費がかかっている。トレドマークのタワーは、斜塔式では世界一高い190m。大リーグやフットボールの試合が観戦できる。オリンピック会場跡地はダウンタウンから地下鉄や車で15分程度で行ける。近くには世界3番目の規模の「モントリオール植物園」、「昆虫館」などがある。

モントリオール植物園

世界3番目に大きい植物園、10の温室、30の野外庭園があり、中でも日本庭園の盆栽コレクションや中国庭園は好評を博している。入園代$16 子供5−17歳$6.75