.htm lang="ja"> ケベック市観光名所
HOME>ケベック市観光名所
head_img_slim

ケベック市観光名所

ケベック市郊外の見所


ご注意:季節によって開館時間が異なる施設 については、(夏)と(冬)とに分けて表記してあります。切り替わる時期は一般に4月前後と10月末前後ですが、日程は各施設によって異なりますので、この時期に訪問される場合は必ず各施設に直接ご確認ください。

プラス・ダルム(Placed'Armes)

シャトー・フロントナックホテルのすぐ横にある広場。ロータリー中央には、1615年にケベックに到着した「伝道会」の300年信仰を記念するモニュメントが立っている。現在は近くに観光案内所もあり、人々の憩いの場となっている。

テラス・デュフラン(Terrasse Dufferin)

プラス・ダルムからセントローレンス河沿いに続く板張りの散歩道。最初のテラスは1838年ダーハム卿によってつくられた。当時は50m程度だったが、1887年に現在の長さにされた。その時のデュフラン総督にちなんで命名。このテラスから対岸のレヴィ市、オルレアン島、崖下の古い街並の眺めが最高。また河沿いを歩き進むと総督の散歩道につながり、シタデル横のダイヤモンド岬まで行ける。

  

トレゾール通り

フランス領時代、財務関係(トレゾール)の窓口があったところ。プラス・ダルムの近くにある小さな通りがトレゾ−ル通り。水彩画、版画を壁一面に展示販売している。近くのセントアンナ通りには、似顔絵描きが立ち並ぶ。ぜひ一度、足を運びたい場所のひとつ。

モンモランシー公園

旧市街城壁内にある郵便局前にある広場。 かつてはここに州議事堂があった。公園の先、ランパール通りには大砲が並び、ここからケベック旧港、セントローレンス河が見渡せる。 人々の憩いの場となっている。

文明博物館(Musee de la Civilisation)

ロウワー・タウンにあるガラス張りの鐘楼が特徴の建物。モントリオールのアーテイストのアストリ.ル−シュの巨大な春先の川の解氷の作品も展示して有る。おもにケベックの文化と歴史を生活用品をとおして表現した博物館。
開館時間(夏)10:00〜19:00 無休
冬季10:00〜17:00 月曜休  冬季のみ毎火曜日→無料

ノートルダム大聖堂

城壁内のカトリックの教会の中心で、1647年から建てられから何度も火災にあっているため改築され、現在の建物は1925年に建てられたもの。無料拝観(朝8時から16時30分)

  

北アメリカフランス歴史博物館(Musee de I'Amerique Francaise)

北米最初のラバル司教によって1663年に設立されたケベック神学校が、その後、ラバル大学へと引き継がれ、その旧校舎が現在の博物館の一部となって公開されているもので歴史的にとても貴重な建物である。 住所 9 rue de I'Universite,Quebec TEL(418)692-2843 開館 (夏)10:00〜17:30 無休
(冬)10:00〜17:00 月曜休 料金 大人:12カナダドル
小人:6カナダドル(11才以下無料)

ウルスラ修道院&博物館(Musee des Ursulines

聖ウルスラ修道会御御堂